黒目の位置を確認しよう

侮れない!フレーム選び

眼鏡を買う機会はあまり頻繁にはありませんから、自分の顔の一部になるフレーム選びは手が抜けません。色や形などを選ぶのは楽しい作業ですが、どうやって決めたら良いのか、迷うこともあるでしょう。フレームの形を選ぶ際の基準の1つはかけたときの黒目の位置です。微妙な違いで顔の印象が意外に大きく変わります。黒目の位置は2つの視点から確認できます。フレームの上下の幅に対しての位置、そしてフレームの左右の幅に対しての位置です。時間があればいくつかの眼鏡店に入っていいなと思うものを探してみましょう。滅多にない機会ですから店員さんに質問しながらいくつものタイプを試してみるのがおすすめです。眼鏡選びは雑誌の特集や本も出ているくらい自分の印象に影響を与えます。眼鏡を変えることで日常生活に楽しい変化を感じてみましょう。

黒目の位置はどこにあるといい?

前述の通り、フレームを選ぶ際は黒目の位置に注目しましょう。まずフレームの上下幅を見てみます。上下幅が大きいタイプの眼鏡の場合、黒目は上下幅の中心から少しだけ上にくるのがベストです。上下幅が細目のフレームなら黒目が丁度中心にくると良いでしょう。黒目がどのあたりに来るかは鼻の高さと幅に対する眼鏡の鼻幅とブリッジ幅、そして鼻パッドの有無で変わってきます。実はブリッジ幅はフレームの内側に小さく表示されているのですが、同じブリッジ幅でもレンズの形や鼻パッドのスタイルの違いなどによって黒目の位置が変わってきます。あくまで参考程度に見ておきましょう。そして、フレームに入るレンズの左右の幅に対しては、黒目が中心に来るものがベストです。これは両目間の距離や顔の幅に対して眼鏡の幅がフィットしているかどうかが関係しています。黒目の位置を確認したらあとは色や形など自分好みのスタイルのフレームを見つけましょう。