黒やこげ茶はシックで知的な雰囲気

メガネでイメチェン!フレーム選びはどうする?

普段はコンタクトレンズを使っている人も、視力的にはメガネが不要な人もメガネでイメチェンしてみませんか。メガネを選ぶと言っても、色も形もたくさんの種類がありますね。ここでは、シックで知的な雰囲気を演出できるカラーとして、黒やこげ茶のメガネの選び方や活用の仕方についてお伝えします。 海外セレブも身に着けていて、ここ最近では黒縁メガネの人気が高まっています。一口に黒縁と言っても、フレームの形や太さによって印象が違いますし、かける人の顔によって似合うメガネの形も変わってきます。今回は「シックで知的」というキーワードですから、それで行くとフレームは太目よりもやや細いものを選んだ方がすっきりと見えるでしょう。フレームの形はスクエアという長方形のものやウェリントンという逆台形のものを選ぶとより知的で信頼がおける印象を与えることができます。逆に、ラウンドという形を選ぶと柔らかい印象になります。

黒やこげ茶メガネの着こなし術

次に、黒縁やこげ茶色のメガネを活かしたコーディネイトについて考えてみましょう。ビジネスシーンでは黒縁メガネとスーツの相性がとても良いです。これは男女共通しており、女性の場合は濃い色のジャケット着用が多いようなら耳にかけるテンプル部分をメタルにしたり、少し薄い色にしてみると抜け感が出ます。また、フレームに丸みのあるものを選ぶと印象が和らぎます。もし、髪や眉毛の色が茶色い場合はメガネもこげ茶にするとマッチします。 プライベートシーンの男性は同じ黒いフレームであってもやや細目のものを選んだり、鼻の部分がメタル素材のものをチョイスすると軽さも出ますし、カジュアルな装いとも調和が取れます。女性はやや甘めの色や形の服を選んだコーディネイトをしたときでも、メガネが黒縁やこげ茶などでやや太めのフレームを取り入れると甘さの引き締めになります。しかも、知的な印象も演出できます。