顔とフレームのバランスをチェック

フレームサイズ選びの基本とは?

自分自身の顔に似合うメガネを選ぶ時、フレーム選びはとても重要なポイントです。万が一顔とフレームのバランスが合っていないメガネを選んでしまえば、周囲から似合っていないと思われるばかりか、自分でも違和感を感じてしまうかもしれません。メガネ選びの基本は、顔とフレームのバランスです。そのためにはアゴの先端から眉毛までの縦ラインにおいて、フレームの縦幅を3分の1程度にする必要があります。この目安から大幅にずれてしまうと、顔とフレームのバランスが崩れやすくなるのです。また、顔の形に合わせてフレーム選びをすることも大切なポイントです。顔の形は主に丸顔と三角顔、四角顔、面長顔の4つに大別できます。それぞれの顔型によって、似合うフレームの形が異なるケースは非常に多いです。

顔型に合わせてフレームの形を選ぶ

顔とフレームのバランスを整えるためには、顔型に合わせたフレーム選びも重要です。まず、丸顔の場合はフェイスラインが丸みを帯びており、やわらかい印象があります。そのため、直線的なラインがあるスクエア型のメガネを選ぶと相手にキリっとした印象を与えることが可能です。また、オーバルやハーフリムも丸顔の人に似合うと言われています。一方、三角顔はフェイスラインが比較的シャープなため、ボストンのような丸いフレームを選ぶとバランスが良くなります。続いて、四角顔は直線的なフェイスラインが特徴です。そのため、オーバルなどの少し丸みのあるラインのフレームが良いでしょう。最後に、面長顔はウェリントンやボストンなど天地の幅が大きいフレームが似合う傾向にあります。